ピザ窯その11  美味しいピザが焼けたぞ

Filed under: 萬酉楼 — 投稿者:萬酉楼店主 2015-4-23(木) , pm-22:12:52

いよいよ初焼きです。

上のオーブン室は閉めたまま下の部屋で薪をどんどん燃やします。

煙突からうまく煙が出ています。 ええ感じ。成功の予感。

 

窯が温まるまでに生地の準備。

喫茶Tのママが空中でクルクルに挑戦。できるわけないねicon_lol.gif

 

トマト、ナス、ピーマン、ベーコン、サラミ、刻みチーズ、オリーブオイル。まずはオーソドックスな材料で

 

温度計が360℃をさしました。

いよいよ投入です。

 

棚の上に置いてあるお皿に載せて焼きます。待つこと数分。

 

初めてのピザ!

うーん、不味くはないがなんかいまいち。 生地の裏が焦げているのに表面が焼き足らない感じ。

3枚、4枚と試行錯誤を繰り返すうちにコツが分かってきました。

生地は二重にしたアルミホイルの上に載せ、直接棚板の上に載せると裏がいい感じの焼け具合に。

室温を300℃にキープして約5分で生地の表面がきつね色のカリカリに。

これはいけますなあ。食べるのに夢中で写真撮るの忘れてしまいました。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント / トラックバック5件

  1. 赤いパプリカ より:

    うわーっ!マスター、美味しそうじゃないですか!
    生地も粉から作ったんですか?空中クルクルは難しいもんですね(笑)
    夏になってトッピングの野菜も畑から収穫して食べられますね。
    最高じゃないですか!是非とも試食させてくださいね!
    窯の温度を上げるまで時間がかかりますか?薪をどんどん入れないとダメなんですか?やってみるといろいろ大変ですね。

    • 萬酉楼店主 より:

      生地は喫茶店のママにお願いしてモチモチとカリカリの2種類を作ってもらいました。どちらか言うとカリカリの方が好きなんですが、実際焼きあがったのはモチモチの方が美味しかった。カリカリの方がビスケットみたいな食感でした。
      ピザって具よりも生地が美味のポイントですね。いろいろ研究しよう。
      夏になれば畑にはトマト、ズッキーニ、パプリカ、ピーマン、ナス、トウモロコシ。ピザに相性のいい野菜ばかりです。
      窯は薪をガンガン燃やせば2時間くらいで300℃を超えます。いったん煉瓦が温まれば後はちょろちょろ燃やすだけで300℃をキープできることが分かりました。苦労して作った二層式のお蔭です。

  2. おたこ より:

    こんばんは! 火入れおめでとうございます。
    窯に美味しそうな4枚のピザが入りそう~出し入れする専用のテコがあれば早く作業できそう。好きなお酒が進みますね!

    • 萬酉楼店主 より:

      そうなんです。
      お好み焼き用のコテで出し入れしようとしたが熱すぎて不可。木の棒にコテの柄を差し込んでなんとかしのぎました。
      鉄工所に勤めている近所のNさんにお願いして作ってもらうことになりました。

      • おたこ より:

        普通のテコだと左右に出し入れした際落下しますから、3cm程反り上がりを作ると良いかと(掃除に使う塵取りみたいな感じで)持つ部分は木を差し込んだものがベストではないでしょうか?…

コメントをどうぞ