Home > 店主の趣味 > 「我が家のさぼてん紹介」シリーズ(2)

超人気ページTongue out「我が家のさぼてん紹介」シリーズ(1)は内容が膨らみすぎてか動きが悪くなったので(2)を増設。これからもどんどん増えまっせ。

Laughing我が家のサボテン紹介シリーズ5「ネオポルテリア属」

Laughing我が家のさぼてん紹介シリーズ6「メロカクタス属」

Laughing我が家のさぼてん紹介シリーズ7「柱さぼてんの仲間」

Laughing我が家のさぼてん紹介シリーズ8「ディスコカクタス」

image01.gif

自生地は主に南米チリの太平洋沿岸やアンデス山脈の高地です。花はかわいい形の紫紅色で、温室の中では一番早く咲き春の訪れを教えてくれます。

hakuou2.gif

白翁玉

これも上と同じく白翁玉。刺の長いタイプです。

tasaigyoku.gif

多彩玉

私には白翁玉との違いがわかりませんEmbarassed

iii.gif

花を見るとネオポルテリアなのですが名前がわかりません。教えてほしい。

annkokuou.gif

暗黒王

緑の肌から黒色の太い刺が不気味に出ています。

hyoutou.gif

豹頭

このネーミング気に入ってます。言われてみればなるほどどことなく豹のイメージですね。黄色い花を咲かせます。

ページ上部へ

image04.gif

西インド諸島、メキシコ南部、南アメリカなど暖かい地方に自生。頭部に綿毛と刺でできた花座を形成して、その中から花を咲かせる変わった性質のさぼてんです。トルコ帽(最後に写真あり)のような花座が形成されるまでの年数は早くて7~8年、なかには10年以上かかるものもあります。すべて雲に見立てた名前が付けられています。

a.gif

恒星雲。初めて見た時は何かいなと思うでしょ。

b.gif

これも恒星雲。花座の周りについている黄色いぷつぷつは花柄です。

c.gif

巻雲

d.gif

青嵐雲・・・と思うTongue out

e.gif

桜雲

f.gif

魔雲

g.gif

茜雲 。まだ花座ができていません。

h.gif

赤刺雲。 写真では見えませんが頭に少し花座が出来つつあります。

i.gif

彩雲

j.gif

層雲。 花座の高さが20㎝もあるよ。

toruko.gif

「トルコ帽のような花座」って言うけどトルコ帽って見たことないもんね、という人のために。実は私も見るの初めてですTongue out。なるほど、よく似ているわ。

bennpatu.gif

キョンシーの弁髪帽とどちらがお好き?

ページ上部へ

image05.gif

1.gif

錦鶏竜(トリコセレウス属)

2.gif

武衛柱(ステノセレウス属)

image09.gif

ライオン錦(オレオセレウス属)

7.gif

幻楽(エスポストア属)

5.gif

吹雪柱(クレイストカクタス属)

6.gif

白麗翁(オーストロケファロセレウス属)

jinndai.gif

神代(セレウス属)

hukurokuju.gif

福禄寿(ロホセレウス属)

元は上帝閣という柱さぼてん。刺が欠け石化(成長点が体のあちこちにできる)してこんな姿になりました。

3.gif

竜神木(ミルチロカクタス属)

成長が早く、接ぎ木の台木としてよく使われます。

4.gif

袖ケ浦(エリオセレウス属)

これも成長が早く強いのでよく台木に利用されます。

1.gif

羅漢丸

2.gif

珍宝閣(トリコセレウス属)

別名「成程柱」。なるほど、似てるかもEmbarassed

bennkei.gif

弁慶柱(カルネギア属)


柱さぼてんのトリは王者、弁慶柱。英語ではArizonaGiant、西部劇の背景に出てくるやつです。でもあんなに大きく(10数m)なるには100年くらいかかるとか。残念ながらあなたもあたしも見ることができませんCry

ok.gif

ページ上部へ

image01.gif

メロカクタス属(シリーズその6)と同じく花座を形成します。メロカクタスと比べるとやや小型で、花座がトルコ帽のように大きくはなりません。大輪、白色で芳香のある花を夜間に咲かせます。、

1.gif

ホルスティ

花座の脇から子吹きしています。

2.gif

ブーミアナス

3.gif

宝寿丸

4.gif

白条冠

まだ花座ができていません。

5.gif

ギガンティア

Laughing何故か悲しいディスコカクタスLaughing

たいていのさぼてんは暖かい太陽の下、赤、ピンク、黄などのきれいな花を咲かせるのに、このディスコカクタスは独特な匂いのする白い地味な花を夜中に付けます。温室に入ったとたん、咲いているのが分かるほどの妖しくむせかえる香気。「きれいな花をつける子らには虫が集まってくれるけど、どうせ見た目の良くないあたしには・・・それなら匂いで誘惑よ。ふふふ。」という思いなのでしょうか?場末の飲み屋のママさんが白く厚化粧をして安物の香水の匂いをさせながらお客を待っている。この花を見るたびにそんな光景が頭に浮かんでしまうんです。

「我が家のさぼてん紹介」シリーズ(3)へ続く

「さぼてんの不思議シリーズ」へはこちら

「さぼてんの育て方シリーズ」へはこちら

ページ上部へ